キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

今 必要なのは「知らぬが仏」?!?

「知らぬが仏」と言う言葉があります。

うちの両親は、ガン検診なんぞ受けたことがありません。

それでも、90歳過ぎまでガンも経験せず往生しました。

 

前回、「ガン検診の結果待ちでイライラ」と書きましたが

 

昨日やっと届いた結果報告によると、

 

「今回、異常は認められない」だそうです。

とりあえず、ホッと胸をなでおろしました。

 

(※ 今迄「大腸がん」で何度も再検査になりましたが

  再検査の結果はいつも「便秘・切れ痔による出血」)

 

でも。

これで「次の1年、ダイジョウブ」とは思ってはいませんが、

無事だったからこそ言える話ですが、

 

「再検査と言われると、そのストレスでガンになりそう。

 再検査後の結果待ちも、寿命が数年縮む思い」

 

「ガン検診、受けぬ方が身のためかも。 知らぬが仏?」

 

という思いになることもあります。

 

いや、みなさん、ガン検診受けて下さいよ。

 

コロナワクチンと同じく

「ガン(コロナ)なんて、私には関係ない」とは思っていても

あとで

「あの時、受けておけば良かった」と後悔しないためにも。

 

私は閉所恐怖症なので、MRICTスキャンには絶対に!!入りたくない。

その為にも、予備的に、ガン検診は受けておきたいのです。

 

 

       f:id:minakosayu2019:20210217161619p:plain

     (あ~、やだやだ。絶対これはムリ!!!)

 

ところで。

 

今日、各ワイドショーは

東京五輪、誰が次の会長?」とのことで

話を盛り上げているようです。

 

しかし、候補者として名前が挙がれば

次から次へとその人の汚点を探しまくり、悪口三昧。

真偽は別にして、いろんな話が出てくる。

 

でもね、逆に言うと

そんなに清廉潔白な人っていますかね??

 

みなさん、今迄の人生、どうです?

そんなに真っ白な道を歩いて来ていますかね?

 

もうどうでもいいじゃん!

というのが私の感想です。

 

どうでもいい、誰が会長でも。

どうでもいい。

 

ネットの発達で、いろいろな声が聞こえて来る今。

ですが、

「知らなくても済むこと」も多々あるのではないかな?

 

昭和やそれ以前の政治家なんて

「ネットが無くて(バレなくて)、助かった」

 

なんて人ばかりだと想像します。

ま、昔の政治家には

「お妾さん、二号さんは許容範囲」という時代的なものもありますけどね。

 

そ、「知らぬが仏」ってのはあるんです。

 

情報開示だとかも結構ですが

いちいちそれを知ってどうなるんだ!?

それが知りたいのは、相手を貶めるためのものだろう!?

という思いの方が強いです。

 

それよりも、

夫の浮気も、子供の不良行為もなく、

いままで平穏に生きて来たワタシの人生の幸せ♬。

 

というか、

もちろんうちの家族はそんなことはしていませんけど!!

と言える幸せ♬。

 

「知らぬが仏」って、

生きる上で必要なスキルのような気がします。

 

ネットや各メディアの発達も。

今や、テレビ同等。

「要らんわ」の方に傾いているようにも思いますよ。

 

 あ~、昔の、アナログの時代が懐かしい!?(-_-;)