キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

報道内容を取捨選択するメディアに正義はあるのか?

「アパートのベランダの柵に子供の頭が引っかかった」

「マンホールに子供が何かを投げ入れて爆発したが、幸い誰も被害を受けなかった」

「交差点で、高速道路で、こんな大事故があったが奇跡的に助かった」

など、毎日!民放テレビは!そんな話題を

あたかも日本国内のニュースかのように取り上げています。

 

が、ここは日本ですよ。

そんな中国のウェイボーの動画、

誰が興味を持って見ていますか?

 

少なくとも私は全く興味がないし、

むしろ

日本人っぽい人物の動画として見てしまうので

「日本と間違われては困る。迷惑だ!」が本音です。

 

なぜ日本のメディアはウェイボー(中国版youtube)を

取り上げるのでしょう?

ウェイボーの動画再生回数=広告費売り上げに

加担しているということなのでしょうか??

(ウェイボーがyoutubeのような仕組みになっているか否かは知りませんが)

 

ホント、中国発のこの手のニュースはどうでもいいし、

需要がないのになぜこんなに取り上げるのか、

そこが知りたい。

 

もしかすると、民放各局は中国資本の影響を受けていて

(中国はこんな大事故が起きても大丈夫なんだよ)

と言いたいんですかねー。

 

ナゾだ。

誰も面白がっていない、こんなニュース。

 

今日本では、国会で総務省幹部が締め上げられていますが、

東北新社外資は20%を超えている??

 

私の知る限り、昔っから

フジは3割(これは完全にアウト)、

日テレも2割強など電波法ぎりぎりのところまで

外資が入っていました。

それをないがしろにして、「東北新社外資は・・」などと

よくも言えたものだと思います。

 

実際、この問題を早く消火したいのは民放各局なのではないでしょうか。

民放各局による「総務省接待」も、

掘り下げればどんどん出て来るのでは?(笑)

 

なので、とことん、この「民放各社の外資比率」は掘り下げて欲しいです。

 

バカな中国国民の画像も、

無茶苦茶な韓国推しのニュースなんてのも見たくないですからね。

 

       f:id:minakosayu2019:20210226232725p:plain

 

この2,3日、テレビで度々目にするのが

イギリス王室を離脱したヘンリー王子とメ―ガン妃へのインタビュー。

 

私は、全く興味がありません。

この話題、そんなに重要ですか?

 

テレビでは日本人コメンテーターが勝手なことを言っていますが、

そんなに口を突っ込めるほどイギリス皇室に詳しいのか?という

気がしてなりませんし、

 

この話題を俎上に上げるのなら、むしろ

「日本の皇室でも、問題になりそうなお嬢さんがいますよね」

として、そちらに話を向けても良いでしょうに。

それには全くスルー。(大爆笑)

 

日本のメディアには、

それには触れてはいけないという不文律でもあるのかもしれませんね。

 

しかし、逆に

外国のメディアから日本の皇室に関して

勝手なことを言いたい放題されたら

「うちにはうちの事情があるのに」

「放っておいてくれ」と言いたくなるのではないでしょうか?

なので、よその国の皇室の話には首を突っ込まないほうが上品、

というものです。

 

今回の総務省接待問題関連、イギリス皇室のゴシップなど、

自分は安全な位置を確保しておきながらの報道。

日本のメディアのいい加減さを象徴する話題でありました。

 

 

          f:id:minakosayu2019:20210127221039j:plain

 

言いたいのは、もう一つ。

小池都知事の暴走を指摘した神奈川県知事黒岩氏の発言について。

 

3/6の読売新聞2面の「小池劇場 今回は不発」によると

 

もたつく小池氏に想定外の事態…首相は土壇場でシナリオ書き換え : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン (yomiuri.co.jp)

 

小池氏にとって想定外の事態が生じた。

小池氏は事前調整の際、森田氏には黒岩氏らが延長要請に乗り気で、

黒岩氏には森田氏らが乗り気だとそれぞれ説明していた。

 

だが、神奈川県は感染状況が改善しており、黒岩氏はその時点で

『ぎりぎりまで感染状況の数字を見る』つもりだった。

森田氏、黒岩両氏が2日に連絡を取り合うと、小池氏の説明が

事実と食い違っていることが露見した。(略)

出席者によると、3日の会議では黒岩氏が小池氏に「信頼を失うことだ」

と不満を爆発させ、森田氏も同調した。

小池氏は「信頼は重要だ。先走って申し訳ない」と謝罪に追い込まれた。(略)

 

という話。

 

それはワタシ、その翌日朝のフジ「日曜報道ザプライム」でも

黒岩氏の生の声として聴きました。

 

それ以降、メディアではあれこれ取り上げ、

それに対するコメントもいろいろあるようですが、

 

私には、黒岩氏は

「女王アリ(蜂?)のやりたい放題がもう腹に据えかねて」

での発言のように思いました。

 

今回に限らず、多分今迄も小池は

リーダーとしてやりたい放題だったのでしょう。

 

「1都3県でまとめよう」が前提としてある以上、

黒岩氏もそれに応じるしかなかったのかな?と。

なので、黒岩氏を批判する気にもなれず。

 

小池には

「やっぱりね、小池はそういう人だよね」という感想しかないです。

 

神奈川県からすれば、「黒岩もダメだよ」と言いたいでしょうが、

東京からすれば「小池はもっと酷いよ」とも申し上げたいです。

なんせ、

豊洲の頃から小池は思い付きしかなくて政治家としては全くダメ」

の評価しかありませんからね。

 

まぁ、それを言い出すと、

「隣の芝生の方がマシに見える」ということになるのかもしれませんが。

 

でもま、それもこれも、ちっちぇちっちぇ!

メディアの報道のさじ加減、取捨選択こそ問題にすべきです。

中国のあんなつまらんニュースは取り上げるくせに、

 

 

今年3月2日、ウイグルのイーニン市で行く不明になった少年が発見され、しかも、全ての臓器が盗まれたままで見つかったことが明らかになった。 子供達を育ててくれる親達が中国共産党強制収容所に連行され、子供達の臓器が生きたまま採取され、中国内で売買されている。

 

 

 

こういう問題には完全スルーですからね。

これが正しい報道の姿なのか?と心底疑問に思います。