キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

言葉狩りよりも、国外にも言うことあるでしょ!?

26日、ファミマは、

新発売の女性下着の色表記:「はだいろ」に異論が出た為、 

「すみません、不適切でした。表記を『ベージュ』に変更するので

一旦全部回収します」との発表。

news.yahoo.co.jp

 

 

その翌日のニュースでは、花王のこんな話が。

 

全てのブランドで美白の表現を使わない。米国で起こった黒人差別への抗議運動を受け、外資メーカーが肌の色による優劣を連想させる「ホワイトニング」などの表記を取りやめる。国内勢で初めて花王が肌の色の多様性に配慮することで同様の動きが広がりそうだ」

 

www.nikkei.com

 

以前にも、「言葉狩りブーム」は何度もありました。

 

私の記憶内では

「片手落ち」や「めくら」や「つんぼ桟敷」などが禁句になり、

石原慎太郎がそれに噛み付いており。

 

私も彼に同意で、

「面倒くさい時代になったなぁ」と感じていましたが、

今はそれがますます加速しています。

 

今は「はだいろ」も「美白」もダメなのか・・・・!?

 

 

でもね、

「肌色」は日本固有の話だし、

「美白」も、日本人女性として嫌なワードではないでしょう?

むしろ、「美白」は憧れなんじゃないですか??

 

なぜそこにいちいち「世界」を意識しなければならないのか?。

なぜそこに他国の潮流?を持ち込むのか?

さっぱりわかりません。

 

日本人で「色白」と言われてイヤな気分になる人はいないと思います。

なぜなら「白い方がきれいに見えるから」。

 

「美白」「色白」「肌色」のワードが許されないのなら、

そういう美的価値観さえも否定せよ、ということなんでしょうか。

 

じゃあ、化粧品メーカーは「美黒製品」も出してみろよ!

       

       f:id:minakosayu2019:20210204210158p:plain

 

一昨日夜の民放ニュースでは、いまだに

森元総理の

河村事務所には大変なおばちゃんがいる。

 女性というには、あまりにも、お年ですが」

との発言を取り上げていました。

 

まぁ、私てきには、森喜朗には

「もういい加減に公の場から消えて!」の思いがある一方で、

 

こういう仲間内のパーティでの談笑をいちいち取り上げるニュースもどうなの!?」

という思いもあり。

 

「〇〇ハラ」という言葉がありますが、

相手が不快に思っていなければそれは「〇〇ハラ」にはならないわけで。

 

森喜朗が指摘した「河村事務所の相当なおトシのスタッフ女性」は多分、

森喜朗(83)よりもキャリア的には上だと感じましたし、

その女性が不快に思っておらず

(また森チャンがあんなことを)程度の笑い話だと思っているのなら、

これをメディアがいちいち取り上げる価値もない話なのではないか?

とも思いました。

 

また、

こんなくだらない話より重要なのは

鳩山由紀夫元首相が韓国・中国で土下座をし、

日本を貶める発言を次々に繰り出していること

なのではないですか?

そちらの方が余程問題でしょう?

なぜそちらを日本のメディアは報じないのでしょう?

 

森発言なんてのはかわいいものです。

 それよりも

国益を害している鳩山由紀夫の言動について

見てみないふりをするメディアの方が大問題だと思います。

     

      

          f:id:minakosayu2019:20200820082935p:plain

 

 

今日一番笑ったのが

BTSがアジア系のヘイトクライムに抗議の声明・共に立ち上がります」

の記事。

BTSがアジア系へのヘイトクライムに抗議の声明「共に立ち上がります」【日本語訳全文】(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース

 

 

アメリカで起きているアジア系人種へのヘイトに対して

韓国のTBS?BTS?なるグループが抗議したようですが、

もう笑止千万です。

日本人としては迷惑です。

 

あーた達、中国人、韓国人があちらで迷惑なことをやっているから

日本人も巻き添えになっているんですよ。

 

それでヤンキースの田中も帰国することになってしまいました。

 

日本にとっても。

中韓には迷惑をかけられ通し。

 

欧米各国には申し上げたい。

「顔は似ているけれど、中韓と日本の中身は全く別。

 間違わないでね」とね。

 

話がどんどん逸れていますが・・。(-_-;)

 

       f:id:minakosayu2019:20210330225308j:plain

 

 

 

今、日本の空を黄砂とPM2.5が覆っています。

これも中国からのものです。

 

なぜ中国はこれを放置しているんでしょう?

「どうせ流れ行く先は日本だからどうでもいいや」なんでしょうか?

 

日本の気象予報士はそれを当たり前のことのように

気象の一部として伝えていますが、

それ、公害ですよ!

「中国からの公害の黄砂!」と言うべきです。

 

「補償してもらおう!」として訴えるべきです。

 

なんせあちらは「人工操作兵器」として

雨量の操作の開発も進んでいるようですし。

それが出来るのなら、黄砂やPM2.5の制御も出来るはずです。

 

なんだか、言うべきところにはダンマリで、

身近な所には噛み付いていて・・・

日本って、ちっちゃいですね。 (-_-;)

 

 

おまけ。

日本の皆さん、

 

このCMについてはどうです??

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

妻と夫との会話:

 

妻:「回覧板、まわしてくれた?」  

妻:「花壇に水は?」

妻:「コロにご飯は?」

妻:「ホントに、あんたになにを頼んでも。。。」

 

と妻に言われて、へらへら笑って答える夫。

 

 夫:「なんか、幸せ」

www.kyuchan.co.jp

 

 

これね、逆の立場で

夫が妻に言っていたら大炎上だと思いますよ。

でも。

なんの問題も起きていません。

 

つまり、

ジェンダーなど「男女平等」と言っている女性達は

「女性優位!」しか言っていないということです。

ほんと、主張するのは都合の良いことばっかし!

 

こういうジェンダーやら

いちいちに文句をつけるクレーマーやらの

自分本位、気分次第に手足をもぎ取られ、

企業が

「回収します」「CM削除します」などとやっていては

なにも出来なくなります。

 

日本は

国内で言葉狩りばかりやっていないで、

国外に、ちゃんと発言しろ!と思います。

 

そう思いませんか??