キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

テレビは、〇〇と作為と居直りで出来ている

恵「希釈ってどういう意味かわかりますか?」

芸人「知らないですねー」

江藤アナ「ワクチンと生理食塩水とを混ぜる、ということです」

恵「あ。混ぜるということね」

 

これは21日金のTBS「ひるおび」での一幕。

いくらアホの私でも、いくら理科が出来なかった私でも、

「希釈とは薄めるということ」くらいの知識はありますワ。

 

後で訂正が入るかな、と思ったけれど、

その後仕事があったので、テレビを切りました。

この程度だと、訂正なんてないのかもしれません。

 

        f:id:minakosayu2019:20210526084344p:plain

         

 

その日、昼前の天気予報でも。

TBSの天気予報士(女性)は

「夕方頃から・・・の空模様になる予定です」と言っており。

 

この人、以前にも「予定」を連発していたことがありましてね、

もう「天気予定士」になった方がいいのでは?と思います。

 

      f:id:minakosayu2019:20210526081146j:plain

 

今朝のTBS「あさチャン」では。

防衛省による東京でのワクチン大規模接種センター、

 早くも予約の足が鈍っています」

 

この「早くも」というのはなんなんですかね?

 

「ほらね、防衛省の大規模・・。人気が無くなっただろう?」

とほくそ笑んでいるんですね、きっと。

こんな修飾を付けると、局の真意がよくわかります。

 

 

私は自分が書いた文章は客観視出来ないのですが

  (時間がたてば間違いに気付くこともある (-_-;))

しかし、言葉の仕事をしているプロ!!の言葉には敏感です。

プロならちゃんとプロらしくやれ!とね。

 

 

少し話は逸れますが。

どの情報番組にも言える話として。

 

番組前半では「五輪開催には反対」の論調でまとめているくせに

後半のスポーツコーナーでは

「〇〇〇が五輪代表に決まりました!活躍が楽しみです!」

なんて言っています。

 

これ、ものすごいジレンマを感じるんですけど。

卑怯ですよね。

AさんにはBさんの悪口を言いながら

BさんにはAさんの悪口を言っているような。

 

よくもよくも、こんな二股膏薬を平気でやるものだと

その図太さに呆れます。

 

五輪反対なら、スポーツコーナーで五輪代表選手決定のニュースは

扱わなければ良いのに。

というか、

顔をしかめておきながら、

次には笑顔で同じものを扱うという神経がわかりません。

なのでこういう番組は、例え五輪が始まっても、

五輪ニュースを一切流してはなりません!

 

流していたら、

「おたくの所は反対していましたよね?」と言ってやりたいですわ。

 

もちろん、朝日新聞も・・・。

ね?

 

www.asahi.com