キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

こんないい加減な話、記事にしないで

ネットを開くと、各ポータルサイトのトップページに

ニュース提供社からの記事がいろいろ並んでいますよね。

 

そして、今に始まったことではないけれど、

「〇〇の番組で、タレントの△△がこう言った、あー言った」

「ネット上ではこんな声が上がっている」など

この手の記事が非常に多い。

 

これらを書いているライターって、

朝から晩までテレビやネットのコメント欄を見ているんでしょうか。

いいな~。

見て感想文を書けばお金になるんだから。

 

おまけに、この手の記事は校正という段階は踏まないのか、誤字も多い!

これでお金がもらえるのだから、お気楽な商売だと思います。

 

で、その「感想文」には当然、そこにライターの個人的な感情が

入るわけで、

 

〇「天皇陛下 会見での五輪言及ゼロに…「無言の抗議では」の声も

  の記事なんぞを読むと、

「女性自身」は、宮内庁の関係者とする人物の

「国民の中でも五輪開催に反対の声が増えつつあったなか、これまで五輪を応援されてきた陛下による、いわば“無言の抗議”だったのではないでしょうか」

という個人の憶測を、あたかも真実かのようにまとめて記事に仕立てています。

 

news.yahoo.co.jp

 

また他の記事では。

東国原英夫ツイッターで述べた

 

〇「政府は尾身会長の事をオリパラは所管外であると疎ましく思っているのでは無いか

 

「政府は、今、尾身会長の何かスキャンダルを血眼になって探っているのでは無いか。あそこの世界はそういう世界である」

 

www.daily.co.jp

 

などの憶測を、

デイリースポーツも「いかにもありそうなこと」として記事にあげています。

 

ここにメディアとしての矜持はありません。

真実なんてものはどうでもよく、

1個人の感想を面白おかしく垂れ流すだけ。

近所のおばちゃんの井戸端会議と同じレベルです。

 

もうね、個人のプライベートな呟き、特に単なる憶測を記事に上げるのは

止めてもらえませんかね?

 

また、

「政府首脳がー」「〇〇党周辺がー」「〇〇省の幹部がー」など

(本当にそんなことを言ったのか?それは誰だ?)

と疑いたくなるような呼称ではなく、はっきりと名前を出すべき。

なぜなら、こんなウソ作文はいくらでも勝手に作れますからね。

信用出来ません。

 

 

「「黙らせろ」尾身会長の”謀反”に菅首相が激怒 意地の張り合いで権力闘争が激化」

という記事でも、それは言えます。

 タイトルを見て、

菅総理が『黙らせろ』、って本当に言ったの?」と思って記事を読むと

 

news.yahoo.co.jp

  

今回ばかりは菅首相の怒りがすごい。

『これ以上、尾身会長の厳しい意見が続くと分科会を開かせない』とストップがかかる危惧も出ています。」自民党幹部)

とあるだけで、

実際に「黙らせろ」と言ったかどうかについては全く触れていない。

要するにハッタリでタイトルを付けているだけなんでしょう。

 

何でもアリですね、AERAサン。

酷すぎるわ。

            f:id:minakosayu2019:20210113093628p:plain

 

それはヤフーコメントにも言えます。

 

東京五輪が近づいて来たから、コロナ陽性者の数を減らして発表している」

 

 ※(高止まりですけど? 数字を改竄するのならもっと減らしているはずです)

 

あるいは、日本から台湾へワクチンを送る際にも

 

〇「日本がアストラゼネカのワクチンを台湾に贈るのは、

  使わないワクチン(ゴミ)だから処分を決めた」

〇「台湾に失礼だ!」

 

 ※(台湾は以前からアストラゼネカを使っていましたよ!

   アストラゼネカとモデルナに数百万回分のワクチンを注文したが

   70万回分しか届いていないのです)

 

 

などなど、まぁ皆さん勝手な妄想で書き込んでいらっしゃる。

だから、ヤフコメにコメント欄を付けるな!と言っているんです。

アレを読んでウソを信じる人も出て来るから。

 

テレビも酷いが、ネットも「便所の落書き」、その言葉通りです。

(私もな)

 

そうそう、こんな記事もありました。

 

立憲民主党の性犯罪刑法改正に関するワーキングチーム(WT)で、

中学生を性被害から守るための法改正を議論した際、出席議員が

「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」

などとして、成人と中学生の性行為を一律に取り締まることに反対したことがわかった。

 

複数の党関係者によると、発言したのは50代の衆院議員。

「年の離れた成人と中学生の子供に真剣な恋愛関係が存在する場合がある」

とも語り、厳罰化に慎重な姿勢を示したという。

 

www.sankei.com

 

 

ね?

こんな記事を読むと

「こんな議員、本当にいるの?誰?誰?」となるじゃないですか。

やっぱり、ちゃんと名前を出しましょう。

記事の信ぴょう性が格段と上がりますからね。