キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

日本はあんたの国じゃない!

アナウンサーでもない限り人の喋り方にはクセがあっても当然のことなのですが

  (近頃ではアナウンサーもアヤシイが)、

菅総理

こうした」「そうした」「ああしたの多用はなんとかならぬものか。

その語彙のあたまの語を高く発音されるので、

一旦これに気付くとますます耳障りなものに。 (-_-;)

 

このように、そのような、等の語彙も使用して欲しい。

総理周辺もそれを指摘して欲しい。

 

私が妻なら、

「あーた、あの喋り方、聞き辛いから止めてよ」と叱責しますがね。

 

           f:id:minakosayu2019:20210618095155p:plain


ところで。

 

サッカー・ワールドカップ(W杯)予選のため来日していたミャンマー代表のピエリヤンアウン選手(27)が16日夜に帰国を拒否し、日本政府に保護を求めた。17日に大阪市内で記者会見して「ミャンマーに帰ったら命に危険がある。日本に残りたい」と訴えた。支援する空野佳弘弁護士らは今月中にも、大阪出入国在留管理局に難民認定を申請する方針。

  

mainichi.jp

 

この選手は28日の対日本代表戦に出場し、国歌斉唱の際

国軍への抗議を示す3本指を立てて注目を集めたそうです。

で、一緒に来日した選手らは全員帰国したが、自分は「国に戻りたくない」と。(-_-;)

 

多分、最初っからこの行動は計画的なものだったのでしょう。

 

これを支援しているのが

在日ミャンマー人らを支援する市民団体「ミャンマー関西」の猶原信男代表や

空野佳弘と言う弁護士。

 

空野サンについて説明すると、彼は

約10年前、大阪での「中国人生活保護大量申請」でご活躍になった弁護士です。

もうお忘れになったかもしれませんが、これは

中国・福建省から来日し、外国人登録をしたその3日後には

生活保護申請をした48人。

しかも、48人に対して国内の身元引受人はたったの2人、

 (明らかに、生活保護目的でやって来た48人)という案件

これを支援したのが空野佳弘。

 

彼はその数年後も、偽造パスポートで入国した(不法滞在の)

ペルー人妻子(夫は強制送還)の在留特別許可を求めたり。

 

在日朝鮮人の生活と人権」なる本を書かれていたり。

 

また、こんな活動も。

奈良県)天理・柳本飛行場跡の説明板撤去で市民集会 大阪陸軍造兵廠の朝鮮強制労働体験者に聞き取り、空野弁護士が講演

 

要するに、良く言えば「グローバルで人権的な」、

はっきり言えば反日的な弁護士です。

ほんっと、迷惑だ。

 

 

おっと、話を戻します。

私はこのミャンマーのサッカー選手なんてのは絶対に「難民」なんぞではない、

とっとと送り返せ!であります。

この男の行動に関する責任はW杯にあり、

日本は関与せず、身体ごとW杯に丸投げすべきです。

 

こういうものを認めていたら、近々来日する東京五輪の選手の中からも

どんどん出てきますよ、なんちゃって難民が。

 

で、彼らは家族を呼び寄せ、子供をどんどん生み、

しかも彼らは生活出来ないので日本の生活保護で・・・、

私達は彼らを養ってやるんですか!?!(-_-;)

 

 

上の記事にはこういう受け答えもあります。

 

――日本で今後、抗議デモに参加するか。

 ◆今、大阪にいる。もし東京に住むことができたら、デモ活動とかに参加して、みんなと一緒に抗議をしたい。

 

 

冗談じゃない!

 

ミャンマー人は、今年2月3日に外務省前に約3000人、

その4日後には在日ミャンマー大使館前に5000人が集まり、

母国で軍がクーデターを起こし全権を掌握したことに対するデモを行いましたが

 

日本は関係ないです。

なぜ日本でデモをするんですか?!

ミャンマー軍を支援している中国大使館前でやるのならまだ、まだ、まだ

許せるが、日本の外務省は関係ない。

しかも、コロナ禍で密になってデモ。(-_-;)

迷惑としか言いようがありません。

 

こういうのも、アドバイスしている勢力があるんでしょうね。

空野のような。

 

とにかく、前例を作ってはダメです。

これを許すと、五輪を利用しての「難民」がどんどん増えることになります。

とっとと強制送還にしましょう。

 

外国人って「郷に入れば郷に従え」ということが出来ないからね。

こういうことを言い出す連中も出てくる。

 

 

「土葬の願い聞いて」 別府ムスリム協会・厚労省に陳情

 

「日本は信仰の自由がある。土葬を希望する人の願いを聞いてほしい」

 

news.yahoo.co.jp

 

いやはや・・・なんと図々しい。

ご自分の国にお帰りになった方がお幸せだと思います。