キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

今はもう一番大事なのは重症者数なんじゃないの?

先日、お昼の定食屋でサラリーマン同士のこんな会話を耳にしました。

話の中心となっている中年男性は、

 

コロナ陽性と診断され ⇒ ホテルで1週間隔離 ⇒ 

その間もその後も全くなんの症状もなし ⇒ 家族にもなんの変化もなし

 

と言い、

「あれは何だったんだろう?あれでもコロナだったのか?」
と、訝しんでいました。

 

 

今回も。

ウガンダから来た五輪選手たちの何人かにコロナ陽性の結果が出ましたが

「今のところ体調に変化なし」とのこと。

また、インド型の変異株は感染力が強いと言うものの、

重症者の数は大して増えていないということ。

 

陽性者が増えた増えたと大騒ぎをしていますが、

それが全部感染者とは限らないし、

重症者が増えていないのならもうそれでいいじゃないか、

という思いになってしまいます。

暢気すぎますかね?、ワタシ。 (-_-;)

 

         f:id:minakosayu2019:20200928080426p:plain

ところで。

24日、宮内庁長官が定例会見で口にした

 

「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」

 

「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されているご心配であると拝察しています」

 

の発言が波紋を呼んでいます。

この発言を引用してワシントンポスト

 

東京オリンピック天皇不信任決議を受けた」というタイトルで報道。

天皇がこのような重要で物議を醸す話題について発言することは珍しく、

天皇の見解は重みを持つ」

 

と報道し、

これまたおおごとになっています。(-_-;)

 

私なんぞは、陛下や側近の間で「五輪は大丈夫ですかねぇ」くらいの発言が

あるのは当然のように思いますが、

(それくらい誰でも思っている)

陛下としては、それを長官の口を使って発表して欲しいほどの

思いがあったのかどうなのか?

 

 

そもそも西村長官なんてのは、

今年4月の小室圭論文?を絶賛した人物ですからね。

私には、

やってること、言ってることがトンチンカンな人物、としか見えないのです。

宮内庁って、もしかすると

上級公務員の中で一番ラクなところなんとちがうか?

  

ま、それはそれとして。

五輪反対派がこの西村長官発言を利用して

天皇も同じ思いだ!」と五輪反対の声を上げているのをみると

「左のくせに、こういう時は皇室を利用するのか?」という思いになります。

 

 さ。

私のワクチン接種の日が近づきました。

楽しみです。

五輪までに2回接種出来る!

ボランティアにとっては心強いです。

 

そ、東京五輪はやるのです!