キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

未だに「反対」の反日的な人たち

普段、スポーツには全く無関心の私も

ラグビーW杯だの、サッカーW杯、野球WBC等、世界が相手となると

途端に興味が湧きます。

「にわかファンだね」と友人には揶揄されますが

 

「にわかでなぜ悪い!

 にわかから新しいファンが増えることもあるのよ」

言い返しています。(笑)

 

先程、夕飯を作りながら

日テレ「バスケットボール強化試合・日本対フランス」の手に汗握る試合を観戦。

日本が勝利した時は思わず拍手してしまいました。

はい、単純な人間なんです、ワタシは。(-_-;)

 

しかし、あの接戦は凄かったわ。

つくづく、

会場で、生で、世界レベルの試合をちびっこ達に見せたい

と思いました。

 

もうすぐ東京五輪開会式。

私はその日は仕事なので、開会式が始めから見られるかどうか??

やっぱり、リアルタイムで見たいですからねー。

 

       f:id:minakosayu2019:20191118092042j:plain

 

 

ところで。

 

最近ずっと忙しかったので、ネットから遠ざかっていたら

昨夜のネットには

小山田圭吾なる名前がクローズアップされており

「この人何者??」と検索したところ

五輪式典の音楽担当の人物で

中学時代、友達に酷いイジメをしていた人物とか。

 

イジメ内容をそのまま読むと、「小山田はクソ」としか言いようがありません。

 

しかし、その内容も酷いが、

それ以上に不思議に思ったのは、

 

この人が式典の音楽担当に決まったのはずっと前のことだろうに

なぜ今になってこんな話が掘り起こされるのか??ということです。

 

この人のイジメの話を掲載したのは、27年前の

ロッキングオンジャパン」と「クイックジャパン」の2誌。

昔はこんなイジメの話も、

ロックの世界では武勇伝になっていたんですかね??

www.sponichi.co.jp

 

という思いもあるし、

それ以上に、先程書いた

「なぜ今これが??」と不思議でしょうがないのです。

これ、何がきっかけ表舞台に出て来たんですかね?

 

私は小山田という人物を全く知らないし、

多分、五輪の組織委員会も真面目な人たちばかりだから

この人の音楽なんて誰も知らないと思いますよ。

 

なので、電通あたりがこの男を選定したのかもしれませんが、

オファーする上で、いちいち過去のことなんぞを調べますかね?

皇室に入るわけでもないのに。

 

式典の音楽を依頼する人間の過去のことなぞ

関係ないっちゃあ、関係ないでしょ?

政治家にも言えますが、身ぎれいな人間が政治に有能か?というと、

それは全く比例しないわけで。

 

話が逸れていますが、私は小山田を擁護するつもりはありません。

ですが、繰り返しますが

 

なぜ今、これが急に出て来たのか?

 

が不思議でならないのです。

 

が、要するに、

五輪反対派のメディアや、共産党・立憲民主等の戦略なのだと思います。

開始直前に、

「今度の五輪を失敗に終わらせたい」ための

爆弾を投下しているのだと思います。

その方がインパクトが強いですからね。

 

 ですが、五輪はもう走り出しています。

誰作の音楽であろうが関係ない。

もうやり直しは出来ません。

 

 

それにね。

IOCのバッハ会長が広島を訪問し、慰霊碑に頭を下げていた時には

反対派が罵声を浴びせました。

祈りの場においてもね。

 

       f:id:minakosayu2019:20210718162409j:plain

 

しかし、たとえバッハのそれが儀礼的な行為であっても

この反対派の人間たちにバッハを罵倒する資格はありません。

なぜなら、祈りの場を汚しているのですから。

 

私は、あんな人たちが本当に日本人なのか?と

疑問に思います。

反日的でしかありません。

迷惑です。

 

そりゃ、

「コロナ感染拡大するから」

「利権まみれのIOCは嫌いだ」

 

などなど理由はありましょうが、

こういう一部の行動が、日本人全体を貶めることになるのです。

 

私は日本が世界に恥をかくサマは見たくありません。

 

もう五輪は始まっているのです。

その足を引っ張らず、なんとかみんなで盛り上げましょうよ、

政治の話はその後だ、

反対派は引っ込んでいろ!!

 

 

昨夜、寝ぼけ眼で見ていたテレビでは、川淵三郎さんが

東京五輪は、金メダルを何個取るかを競うものではない」

 

「各国がいかに感染を押さえて世界大会を成功させるか、そこがテーマだ」

とおっしゃっていました。

 

やっぱりスゴイな、と感服。

 

今回の五輪の開会式のテーマは「祭り」ではなく

「祈り」であって欲しいと思っています。

 

今回は五輪の意味が違うから。

大騒ぎの式典は、完全に違うから。

 

開会式のセンスが問われます。

それは見てのお楽しみ。

小山田の手腕も問われているぞ!

 

あ~、23日、仕事を入れるんじゃなかったわ!!!

超、悔やまれます。