キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

東京五輪の奇跡

先日、札幌での「五輪・競歩」を見ながら

(札幌が東京と変わらない暑さなら、東京でマラソンをしても良かったのに)

 と、思っていたのですが、

昨日の男子マラソンの時には、東京は台風の影響で大雨

試合会場の札幌は晴れ。

結局、札幌でやっていて良かった♬

 

しかも、その夜の閉会式の時には大雨も止み、

晴れた夜空にきれいな花火が打ち上げられました。

 

翌日の今朝は大雨、午後は大風。

閉会式が一日ずれていたら花火もなく、

一体どういう式典になっていたのだろう、というこの奇跡。

 

 

私が今回の東京五輪で心配していたのが、天気とコロナの拡大でしたが

天候に関しては、試合開始時間の変更などもありましたが、

 台風や大雨の影響もなく。

日本はツイテいました!

 

コロナに関しては、

五輪が始まる前から東京の陽性者数爆発は始まっていたので

  五輪開催とは関係ありません。

  

ただ、今後、

札幌(マラソン観戦)や、

国立競技場周辺の見物人の感染者が増えることが予想されます。

言っとくが、それは自分が悪いんだからね。

人のせい(五輪のムードに流された・五輪のせい)にするんじゃないよ。

 あなたがコロナに罹るのは、五輪とは関係ない、あなたのせいです。

 

f:id:minakosayu2019:20210809090832j:plain

  (五輪ボランティアが書き込んだメッセージフラッグ)

 

 

ところで。

8月5日の読売にこんな記事がありました。

 

「五輪選手・関係者ら累計322人が陽性…半数は警備・清掃などの委託スタッフ」

組織委によると、7月1日~8月2日の1か月間で、選手やボランティア、大会スタッフらを対象に50万件の検査を実施し105人の陽性が判明した(陽性率は0・02%)。

これとは別に、空港や民間検査などで陽性が分かった人が217人いたという。

 全陽性者322人のうち、半数は警備や清掃といった業務委託スタッフで、国内在住者は203人だった。

 多くの選手が集う食堂は、感染リスクの高い場所として特に厳しく管理されている。食堂で働く人は身体検査が2回あり、感染防止対策のため、メモ一つ持ち込むことができない。

 食材を扱うアルバイト男性によると、一連の作業が終わる度に手袋をつけ替え、トレーなどは汚れを落とすため、3、4回洗うという。男性は「対策は徹底され、選手たちも静かに食事をしている」と話す。  (略)

www.yomiuri.co.jp

 

大会関係者の陽性率は0.02%!

しかも322人のうち3分の2が国内在住者。(-_-;)

日本は恥かしいですね。

 

 

ま、昨日の閉会式後にも六本木で大騒ぎをしていた連中もいたようです。

ですが、その一部をあたかも選手全体のように目の敵にするのはおかしい。

それ以上に不良日本人の方が多い!、ということを認識すべきです。

 

 

それにしても。

外国のメディアや参加選手からは

「こんなコロナ禍で五輪を開催してくれた日本、ありがとう」であったり

「こんなに統制された五輪は初めてだ」であったり、

「日本だから出来た」

「希望の光を見た」

などの賞賛の声が多いですが、

 

日本のメディアは五輪で稼ぎながらも、五輪批判に終始。

なんでもかんでも日本を批判。

 

でもね、「よくやった組織委!」と言ってあげましょうよ。

こんな世界大会、ただでさえ大変なのに

コロナ禍という大きな負荷を掛けられての運営ですよ。

一体どうなることかと心配していましたが、無事に終えて良かった。

これも、奇跡としかいいようがありません。

 

 

確かに「経費がー!!」などと金銭面を問題にする声もありますが、

無観客で収益はありませんでしたが、

外国の選手やメディアたちに植え付けられた日本の好印象というものは

何年か後に観光という形で返ってくるはずです。

その種まきをしたと思えば良いのです。

 

また、世界陸連のコー会長は

 

東京五輪の“恩返し”に東京世界陸上の開催示唆「お返しがしたい」

 

世界陸連のセバスチャン・コー会長は8日、都内のメーンプレスセンターで記者会見し、新型コロナ禍で東京五輪が開催されたことに触れ、「お返しがしたい」と述べ、将来的に東京での世界選手権開催に意欲を示した。

 

「(コロナが終息し)再び(観客が)観戦を楽しめる状況になったら、東京に戻ってきたい。この施設(国立競技場)を使い、人々が見損ねたものをお目にかけたい」と語った。関係者によれば4年後の2025年での開催が期待される。

 

「通常でも大会の運営は難しいのに、(コロナ下の)この条件下で開催されたのは奇跡にほかならない。選手に格別な舞台を用意してくれた東京には多大な恩義がある」と感謝していた。

      

news.yahoo.co.jp

 

とのこと。

楽しみにしております。

その頃はまだ私も生きているでしょうし、

ボランティア募集があればまたやりたいし。

 

ただねぇ・・・開会式以上に酷かった昨日の閉会式。

見ていて恥ずかしくなりました。

良かったのは、CGでの映像と花火だけ。

人間が出演したところ、すべてダメ。

手を振って選手を出迎えるヘンな衣装のおじちゃんおばちゃんも気持ち悪い。

どうやったらあんな妙な演出を考え付くのか。

奇跡的なアタマですわ。

長野五輪から一歩も1mmたりとも成長していませんね。

 

パラリンピックの時には、ショー無しでお願いします。

ホント、余計なことはしてくれなくていいから。

とにかく、とにかく、恥をかかせんで下さい。

お願いしますよ、電通サン。