キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

東京2020が終わった・・・

昨日書いた「ビートたけし、襲撃事件」は、私の憶測とは

全く違うものだったようです。

左翼の皆さま、失礼いたしました。

でもね、彼らにはそう思わせるものがあるから、そう思ってしまうのです。

前科が何犯もあるので、疑われるのです。

・・・と釈明に走るワタシ。 (-_-;)(-_-;)

 

    

     f:id:minakosayu2019:20210906122919j:plain

      (出た!!ミライトワソメイティ♬ 閉会式)

 

さて。

とうとう東京オリ・パラが終わってしまいました。

このボランティアなどという貴重な経験をさせていただき、

感謝しかありません。

(誰に感謝すればいいんだろう?)

本当に感謝のひとこと。

今は、なんだか祭りの後の寂しさというか、

青春が終わったような空虚感に包まれています。

 

        f:id:minakosayu2019:20210906133716j:plain

 

五輪反対派のTBS「報道特集なんぞは、4日の番組で

「総理が五輪を強行」と何度も難癖をつけていましたが、

結果として成功したのだから、強行ではなく

「やって良かった」と評価すべきなのではないでしょうか。

 

感染拡大は五輪が始まるずっと前から始まっていました。

五輪をやれば東京の感染者数は何万人にもなる、

五輪をやれば選手村がクラスターになる、

という学者もいました。

が、終わってみれば、パラリンピックも陽性者数は301人。

入院したのはたった1人。

しかも、海外からの選手よりも

委託業者(警備や配送など)の陽性がほとんど、という結果。

(私もPCR検査を4日に1度受けていました)

 

そりゃ、石橋を叩いて渡り、リスクのあることは避ける、

も大事でしょうが、

無観客にさせた野党や都民ファースト、メディアの面々には

「やっぱり、何に関してもロクなことをしないヤツら」であります。

 

野球やサッカー、野外ロックコンサートがあのような状態なのに、

なぜ五輪だけが許されないんだろう??と。

 

あーーーー、もったいない!!!

 

それにしても。

世界がコロナを収束させていない中、

こんな大きなイベントを成功させたのは日本ならでは、だと思います。

 

ま、五輪反対派は「成功」とは認めたくないようですが、

ですが世界が、招かれた側が

「ありがとう、東京! We love japan」と言っているのだから、

成功したのです。

 

しかし、オリンピックの開会式の視聴率が56.4%、

閉会式が46.7%、

パラリンピックの開会式が23.8%、

閉会式が20.6%、というのは寂しい。

 

パラの放送はほとんどNHKだけだった、というのも寂しい。

 

もっとパラリンピックに注目していただきたかった・・・民放もな!

 

最後に。

東京2020のセレモニーで使われた曲、良いですよね~。

これを聞くと、また余韻に浸ってしまう・・・。ウルウル。

 

olympics.com

 

さ、次は東京マラソンのボランティアだ。

10月17日に向けて、身体を鍛えるぞ。

 (注:ボランティアは走りません)