キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

NHKの受信料もバカバカしいよね

うちのテレビの録画機が壊れて約半年。

  修理に出そうか。

 (でも修理に出して、まっさらになって返って来て

  録画したのが観られなくなるのも悔しいし)

  とも思っていましたが、

  なんのことはない、それ以降、録画したい番組も無し。

  見直したい番組も無し、と思うようになりました。

 

 また、民放では自局の番組宣伝以外にも

 (例:日テレがTBSの番組を宣伝はさすがにないが)

 「ネットフリックス」やらの競合他社のCMをバンバン流しているし。

 

 これは民放各局が広告費を取り込みたいがための

 なりふり構わずだろうね、と見ています。

 民放各局も青息吐息なんでしょう。

 

ただ。

 眠れなくなった深夜、ふっと民放テレビを付けると

 思いがけず面白い番組にぶち当たることがあり。

ただ。

これを録画して昼間やゴールデンタイムに見て面白いか?というと

これはまた違う話であり。

 

テレビの録画機の需要はどんどん減っているのでは?

と思うこの頃です。

 

f:id:minakosayu2019:20191118092042j:plain

 

で、今日私がアタマに来た番組は、

NHK「ネタドリ・密着2か月!東京2020コロナ禍の異例の大会」

  (7時半~8時45分)であります。

(もしかすると関東限定の番組かもしれません)

とにかく、前半からの9割はオリパラ否定。

 

ドイツ人のフェリックス(ゲンダイ御用達記者)や、

斉藤幸平(共産党)、田中うるべぇ京やらの

五輪反対派の意見でまとめており。

 

なんなの?これは・・・と。

 

私は五輪の現場にいたので

残念な思い(現場に小学生をもっと呼びたかった)という思いもあったし、

現場での制約は日々変わり、大変なものであったし、

幹部や上の方々のご苦労はいかほどのものであったか、と。

 

しかし、NHK「ネタドリ」は、

例えば、私が他の番組で見たイギリスの記者の

「うちの国では小学校でイジメが多発していたが

 パラリンピックを見せて以降、それが激減した。

 あれは本当に脅威的な教育イベントだった」

などというコメントも取り上げず。

とにかく番組ほとんどが

東京2020は害悪だった」の論調でありました。

 

search.yahoo.co.jp

 

 

番組のコメンテーターよりもむしろ、

最後の小学生のコメントの方が素晴らしく、大人の意見でありまして。

あっけにとられました。

(あとで、どこかで拾って追記します)

 

しかしね、これだけは言いたい。

 

東京五輪は、国際的な約束事ですよ。

自分の国はそれを放棄することなく、責務を果たす国であって欲しい、

と思うのは、自然なことなのではないでしょうか。

コロナ感染拡大を言うのなら、オリパラ以前からの話ですし、

むしろ「コロナは自己責任」と申し上げたい。

 

これだから、NHKの受信料を払う気にならないのですよ。

(律儀に払っていますけど)

 

でも、

テレビ録画機が壊れて半年たったがもう要らないと思ったし、

NHKも従量制にしていただければ、うちなんかは

ほとんどタダになるのでは?とも思います。

ほんと、テレビにお金をかけるのは勿体ない、とつくづく。

 

NHK受信料はガス代、電気代と同じく従量制で。

次の総理大臣にぜひともお願いしたい次第です。