キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

とりあえず、松下玲子が負けて良かった

武蔵野市や立憲民主の国には住みたくない!」、と15日に書きました。

 

それは武蔵野市松下玲子(立憲民主)市長が提出した

武蔵野市に3ヵ月以上在住の18歳以上に住民投票の資格を与える」という

条例をめぐっての話だったのですが、

その条例案が21日の市議会で採決が行われ、反対派多数で否決となりました。

 

f:id:minakosayu2019:20211223065453j:plain

 (このメンメン!(-_-;) ちゃうわ、ノンノン。)

とりあえず、ホッ。(-_-;)

 

ですが、この市長は

結果を受け止めながらさらに検討を重ね、人権が尊重され、多様性を認め合い、

支え合う社会を築くことをこれからも考えていきたい」として

住民投票の制度の制定に向けて今後の対応を検討する考えを示した。

 

ということですから、今後も「外国人のために」さまざまな策を企む、

いや企てていくことでしょう。

油断大敵。

「蟻のひと穴」と言う言葉を忘れてはいけないような気がします。

 

 (注:ヒアリ外来種です)

f:id:minakosayu2019:20211223070538p:plain

 

それから。

 

これをどうでもいい話としてスルーするか、

やっぱりこの会社はこうよねー、と見るか、

それは人それぞれですが、私は

昨日の午後「ヤフー」のアプリが誤送信したというこの情報、

 

 

 

f:id:minakosayu2019:20211223071323j:plain

 

 

にはビックリしました。

 

そりゃ、確かに「配信テスト」とはありますが、

 

なぜその「テスト」の内容がコレなんでしょう?

なぜ日本全土でテロなの?

例えば、もっと緊急性のない、笑えるウソ情報にしなかったの?

 

ヤフーという会社はこんなものを作って「遊んでいるのか」というよりも、

「さすがソフトバンク系、韓国系の企業だけあるわ」と感じました。

コレ、ヤフーの願望なのかもしれません。

そのためにコレを用意していた、と。

 

単に「配信テストって書いてあるじゃん」、というよりも、

こういうモノを作るという思考経路を疑いたくなるのです。

考え過ぎでしょうか。

 

 

昨日の夜、テレビをつけたら

日テレで「韓国愛が爆発SP!」なんてのをやっていました。

ニジュウとかにも言えますが、

最近の日テレの「韓国推し」はもの凄いですね。

(TBSとどっこいどっこい、ではあるが)

 

何度も書きますが、私は貿易不均衡、不均衡愛は嫌いなんです。

あちらが、

国内の日本語は撲滅しよう、日本製品不買運動をしよう、

日本の番組も音楽も流さない、

竹島に上陸しよう、実は対馬も韓国の領土だ、

などと敵視しているのに、

なぜこちらだけ「韓国はいいよね」などと能天気にやっているのか、

さっぱり理解出来ません。

そのうち(すでにそうなっているのかも知れないが)

全部乗っ取られるぞ!と。

だったら、日本の楽曲や番組も、

対等な量であちらで流してもらえるように取引しろ!

と言いたくなりますよ。

 

なんて書いていると「おまえはウヨクか」などと言われそうですが、

私は自分の親から教えられてきたことを書いているだけであって。

こういう育てられ方をしたんです。

昔の人は歴史を知っていますからね。

うちの親は右翼ではありませんし、昭和の親は皆こうだったんです。

これから先、

韓国好きの親がどんな子供を育てるか、心配ですわ。

ん?? グローバルな子に育てる、って???(笑)