キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

あけましておめでとうございます。

2022年になりました。

 

2022年は「これまでの10年」が終わり、

「これから始まっていく新しい10年の始まりの年」になります。

それぞれが、大きな節目なり、区切りなりを迎えていくのです。

 

と、私の好きなしいたけさんがおっしゃっています。

 

え?しいたけって誰だ?って??

それはこちら。

しいたけ占い - 星座・今週の運勢 | 占い | VOGUE GIRL

 

新しい年が始まると、その1年を各種の占い師さんが

あーだこーだと占っておられますが、私は

生理的に好きなんですよね、しいたけさんの占い。

あたろうがあたるまいが、そういうことよりも安心させてくれるのでね。

 

 

f:id:minakosayu2019:20210102202142j:plain

 

私の年末年始は忙しかった!

でも、平和なお正月が過ごせた、これはありがたいことですね。

 

で、その忙しい家事のお供をしていたのがテレビでして。

(注:雑音が聞こえないとやる気が出ない)(-_-;)

 

今年の年末年始、一番面白かった番組、私てきには

 

1.「フリーター家を買う(再放送)(フジ)

  

これ、10年位前にリアルタイムでも見ていたのですが、

今見ても面白かったです。

脚本も俳優もすべてが素晴らしい!

お母さんが「鬱」という設定になっていますが、

母を高齢者の「認知症」に設定しても通じる内容。

軽く見られるドラマですが、中身は濃い内容です。

 

 

2.「明智光秀のスマホ再放送?)」NHK

  (12/31の深夜・というか1/1の1時半過ぎ)

 

紅白の後、眠れなくて布団の中で見た番組なんですが、

なんて説明すればいいんだろう?、このジャンル(-_-;)

 

youtu.be

 

戦国時代に光秀や秀吉や織田信長スマホを持っている、という設定で

スマホ画面をメインに話が進行します。

ふとんの中で見ていると老眼鏡がないので、スマホ画面の文字が読めない!!

という状況下でありながらも、面白かったです。

 

ちなみに、「土方のスマホ」というのもあるようです。

 

f:id:minakosayu2019:20220102175639j:plain

 

逆に、この年末年始、一番「なんなん?これ」だったのが

紅白歌合戦(NHK)

 

実はこの番組、ソファで眠りこけていてほとんど観ていません。(-_-;)

ですが、時折目を覚まして観ていると

グリーンのジャングルの中に司会者3人が立っており、

とにかく画面が暗い!

 

どうも今年の紅白は

LGBTのレインボーカラー」多様な価値観を認めよう」の意味で

テーマを「カラフル」に設定したようなのですが、

全然カラフルじゃない!のです。

 

昨年、一昨年の方が遥かに華やかで楽しかったわ、紅白。

 

晦日の午前中にやっていたNHK「カラフルファミリー」ってのもそうですが、

多様性だのLGBTだの、それって国民の意識に押しつけるものでしょうかね?

 

しかも、しかもです。

そのくせ、最後には「紅組、白組の勝ち負け」を決めるんですからね。

やっていることが中途半端だろう!?と、

NHKのアタマを疑いました。

 

 

そうこうするうちに、箱根駅伝となり。

 

蓮舫サンはあれほど

「沿道での応援は自粛して下さい」と言われているのに

平気でツイッターに挙げる。

 

蓮舫氏 箱根駅伝を沿道応援「ルール無視」

f:id:minakosayu2019:20220104112311j:plain

  (蓮舫スマホ

蓮舫氏 箱根駅伝を沿道応援か「ルール無視」「青学は迷惑」と厳しい声 強い自粛要請も/芸能/デイリースポーツ online

 

そのツイートが炎上すると

「あれはプライベートだから」と言い逃れをする。

 

は?

沿道での応援なんて公務はないでしょ?

プライベートに決まっているし、それが許されるのなら、

コロナ禍で銀座で数人で飲食をしていた議員たちも

同じ理由で無罪放免ですよね。

 

いくら炎上しても燃え尽きない蓮舫

すごいメンタルです。

これを日本人は厚顔無恥というのですけれど。

 

2022年は蓮舫さんにとって

「大きな節目、大きな区切り」になると良いです。

 

私は今年も相変わらずマイペースで

ブログを続けて行こうと思っています。

 

私の場合は、生活や気持ちが平穏な時には「ブログを書こう」

という気になりません。

つまり、日記を書いている時は

「怒っている」か、「気が向いた」かのどちらかなのです。(-_-;)

こういう使い方もありますよね。(笑)

 

というわけで、こんなブログで宜しければ

お時間ある時に覗いてみて下さると嬉しいです。

不快になるかもしれませんが・・・(ごめんよ)

 

今年もどうぞ宜しくお願い致します。