キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

実は閉所恐怖症。

私は前世では水死か圧死であったのかもしれません。

 

というのは、ある時期から

水中や狭い空間が大嫌いで耐えられない!という自分の習性が甦ったので。

 

それを自覚した途端に、恐怖が始まりました。

 

もしかすると、それに気付いた発端は、

十数年位前(?)に検査で入ったMRIだったかもしれません。

とにかく、「ここから出して!」の恐怖心でいっぱいで

発狂しそうになりました。

 

先日友人が

「健診の再検査で20分間MRIに入った」と言っていましたが、

その時も、閉所恐怖症の私は

「それって麻酔ではダメ?」と聞き、

ムリと分かったのでもう重病にはかかれない、この検査は諦めた方がいい、

とはっきり自覚しました。

 

f:id:minakosayu2019:20220320155441p:plain

 

先程。

たまたまの3人でエレベーターに乗ったのですが、

これが古くて超狭くて!

たったの3階!まで上がる途中でも冷や汗が出ました。(-_-;)

 

なので、数日前の宮城・福島の地震でも

「高層ビルでエレベーターが停止・1時間閉じこめ」等の記事を読むと、

他人事ながら本当に冷や汗が出ます。

私なら発狂していたでしょう。

 

ロシアの攻撃によるウクライナのビル倒壊では

「何十人かの人が生き埋め」・・・もうね・・・(-_-;)✖1000000・・。

生き埋めになる位なら、即死の方がいい!!

 

もちろん、

潜水艦や、宇宙船からの帰還ロケットなんぞへの搭乗はムリです。

 

でも、なぜ私が閉所恐怖症になったんでしょう??

 

f:id:minakosayu2019:20220124101440p:plain

 

思い起こすと、

小学校低学年の頃に読んだ少女雑誌、

「りぼん」か「なかよし」か「少女フレンド」だったか??

その中に

「不思議だが本当だ」という連載があり、やたらと

「死んだはずの人が生き返り・・・」という話があったような記憶があります。

例えば、

「死んだはずの人が棺桶の中で生き返り、『出して!』と棺桶の中から叩く!」

という類の話です。

 

その印象は強烈です。

子供ながらにいつもその記事を反芻し、

(自分がこうなったらどうなるんだろう??)と恐怖を反芻していた

ことを未だに思い出します。

 

それが今、MRIの導火線でつながり甦ったのかな??とも思います。

 

子供の頃の印象って強烈です。

 

私は最近のアニメや子供雑誌には触れていませんが、

子供の頃に受けた印象が、何十年後かに甦る恐怖、

ということも制作側には求めたいところです。

 

また、私が

エレベーター使用の高層マンションには絶対に住めない、

MRIなんぞを受けるような病気にもなりたくない、

という話とは別にしても、

 

生き埋めになるような災害が起きない、

平時の世の中であって欲しいと思っています。

本当に、心から。