キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

独裁国家では、正直者がもっとバカをみる

3/22の朝書いた日記

東京電力管内。大停電の恐れ」

岸田サン、原発、動かせ! - キッチンの片隅から (hatenablog.com)

のその後について、少し書いておきます。

 

その日のお昼、キッチンのワンセグテレビをつけて

昼食の準備をしていたら

ワンセグTVの電力消費量なんて微々たるものですから)

TBS「ひるおび」にエネルギー問題の専門家・竹内純子さんが出ておられ、

 

司会者「節電のために、今私達が出来ることは?」との問いに

竹内さん

「テレビを消して下さい。テレビが一番電気を使います」

とコメント。

 

思わず笑ってしまいましたよ。

よくぞ、おっしゃった!

テレビに出た途端テレビに阿り、

テレビに媚びるような発言をする各分野の専門家の方々と違い、

はっきりと事実を伝える姿勢には好感を覚えました。

専門家はこうでなくちゃね。

 

で、今回の電力不足を補ったのは「揚水発電」(水力発電)。

夜の間に水を汲み上げて・・・という

アナログ的にも思えるその方法で助かったことを思うと、

やはりインフラを支える手段は何一つ無駄に出来ないと感じます。

竹内さんは

火力発電が地球温暖化の観点から蔑ろにされ、技術者も発電設備のパーツも

 すべてが手薄になって来ているので、今回の地震で受けた火力発電所

 復旧には時間がかかる」とも指摘していましたが、

それは原発でも同様。

一度失った技術・技術者は、取り戻そうと思ってもなかなか出来ません。

再生可能エネルギー原発を補えるわけがないのですから、

すべてのエネルギーをバランス良く共存させてもらいたいものだ、

と思いました。

 

(↓↓この状態だと復旧に数週間どころか数か月かかりそう↓↓ (-_-;))

 

f:id:minakosayu2019:20220325095805j:plain

福島の火力発電所、損壊相次ぐ 東電の電力需給にも影響 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS

 

 

その後、といえば、「ウクライナ✖ロシア」。

 

ロシア軍が劣勢で後退し始めた、というニュースもありますが、

見方によっては

生物兵器などをばら撒くため自軍は撤退」かもしれず。

ウクライナ優勢と決めつけるのは危ないですよね。

 

ロシアの周辺国は、情報が制限されているロシア国民に向けて

ラジオで「プーチンの真実」の放送を流し続けてはどうでしょ?

 

ロシアの周辺国は、

夜の闇に紛れて風船を飛ばし、宣伝ビラを落とすことも考えたら? (-_-;)

もちろん「プーチンとその取り巻き連中の非道」を伝えるために。

 

 

昨日、週刊新潮でこちらの記事を読みましたが、

プーチンはもちろん!その側近も!!

ロシアの味方のベラルーシ大統領も!!!、

とにかく独裁国家のドンというのは大富豪な暮らしをしていますね。

  

www.dailyshincho.jp

 

ちなみに日本共産党不破哲三ブルジョアぶりも桁外れです。

ググって見て下さい。

 

中国のプーさんやその政府幹部も

海外に莫大な資産を隠し持っているし。

 

日本の政治家の横領なんてかわいいものよ、

と比べちゃいけないか・・・(笑)。

 

それはダメだけれど、

 

共産主義社会主義独裁国家では、

 民主主義の国よりももっともっともっと国民全部がバカをみる」

を知らしめないとね、と思う次第です。