キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

金運には見放されていても・・・

今迄の人生において、おかげさまで

仕事運と頭髪量には恵まれて来た、と思っているワタシです。

が、

金運は全く無し、というのを先日、再度痛感致しました。

 

というのは、私が20年位前に買った豪ドル建ての債券やら、

トルコリラのナントカやらが為替の影響(円高)を受け

ずっと売れに売れず・・・トホホ。

 

で、今回の円安基調で飛びついた!

損をしてもいい、もうこんなに円安になることはあるまい、

チャンスを逃がすまいと、先日これを売却したのですが。

売った日の為替は、豪ドルが約89円、トルコリラが1リラ7.8円、等

 

それが昨日は、がぁ~~~~ん!!

豪ドル1ドルが93.7円!

トルコリラ8.38円!・・・等。

ほとんど買った当時の為替に戻っていた!!!

 

損をしてもいい、とは思ったものの

結果的にこうなると、

(まだ持っておけばよかった、売る日を間違えた!)

と、悔しい思いでいっぱいに。(-_-;)

 

でもね、いままでの円安の時にも

(もっと円安に振れるだろう)と待っていた結果、

気付いた時には円高に戻っていた!ということばかりだったんですよ。

なので、今回は早目に飛びついたんですけどね。

 

やっぱり、どちらにせよ、私はお金との相性は良くないようだ、

と思いました。

ですが、全部売っぱらったので、なんだかせいせいしました。

これで、夫への秘密もなくなりました。(笑)

 

 

あとは普通預金だけで細々とやって行きます 

(こまごま、ではないよ。ほそぼそと)

 

 

おっと、ひとつ忘れていました。

 

昨日、満開の桜を見ながら、

(こうして桜を見ながら散歩出来るのも、足腰が丈夫なおかげ)と

自分の健康に感謝しました。

 

人生の最後まで持ち続けたいのは、「健康運」。

もう、痩せたいとか、脱毛したいとか、全く思わないし、

お金が無くても散歩は出来ますから。

最後まで自分の足で歩きたいものです。

痴呆性徘徊は困るけれども。