キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

日本人同士でも、人間関係は難しい。

4月1日になって、

キエフ」の呼称が「キーウ」に変更となり、

「18歳で成人」になり、

それによって「特定少年」という言葉が生まれ・・・。

新しい学年、学生から社会人へ、職場の異動、引っ越し等

環境の変化を迎えられた方も多いでしょう。

新しい季節、4月。

 

私の環境の変化は、

職場に後輩が数人入ってくることくらいかな。

でも、それはそれで緊張します。

やはりどこの世界でも

新しい人・新分子さんが入ってくるとその影響で

今迄とは違う空気になるものです。

それがどんな色になるかは、新しい人次第。

「郷に入れば郷に従う」精神がおわかりの方だと良いのだけれど。(-_-;)

 

学校でも職場でも隣近所でも、

人間関係が一番難しい、ですよね。

 

f:id:minakosayu2019:20220401172040j:plain

 

4月1日といえば他にも。

 

「ロシア・ウクライナの影響もあって、

1日から値上げラッシュ!!」と先日来

テレビはさかんに値上げ品を数え立てているのですが、

 

ウクライナとロシアのゴタゴタで、なんで日本が

とばっちりを受けなきゃいけないんだ!?」

という気がしてなりません。

ゼレンスキーがもっとうまく立ち回っていれば

こんなことになっていなかったんじゃないか?とかね。

 

新型コロナもそう。

中国ウイルスのおかげで世界は大打撃を受けた。

 

中国も、ウクライナ・ロシアも、賠償しろ!

 

ですが、世界は優しいですね。

困っている所へは支援する。

日本も大盤振る舞いです。

いや、お金はいいんです。

お金だけならいいんです。

 

日本に親族がおられるウクライナ人を避難民として引き受けるのは

当然の話だと思います。

 

しっかし、

日本に身元を保証する親類らがいなくても特例で入国を認め、

査証も迅速に審査・発給する、

というのはあまりに無謀ではないでしょうか。

 

遠い遠い国の日本がなぜそこまでして受け入れる?

 

先日、

 

・・・・・・・・・・・

また、金銭面だけでなく、

ウクライナの避難民を日本国内で受け入れる話も出て来ています。

 

が、これに便乗して、

「難民受け入れ」に積極的に動いているNPOの動きが活発化するような気も

してなりません。

 

ウクライナ人を受け入れるのなら、難民も同じだ!」と言ってね、

名古屋入管で亡くなったスリランカ人女性の件で活躍されている方々等が

勢いづくような不安を感じてしまうのです。(-_-;)

 

難民と避難民は違うだろーーー!

 

minakosayu2019.hatenablog.com

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

と書きました。

 

すると、案の定、立憲民主党サンはこんな主張を。

 

 

ウクライナからの避難民の受け入れをめぐり、立憲民主党は、政府の要件を大幅に緩和し、あらゆる戦争などで避難する外国人に、入国当初から就労が可能で、1年間滞在できる在留資格を付与するなどとした法案を国会に提出しました。


具体的には、希望者には、入国当初から就労が可能で、1年間滞在できる在留資格を付与するほか、上陸審査で「貧困」や「感染症」などを理由に上陸を拒否することをなくすとしています。

 

www3.nhk.or.jp

 

いやいや、立憲サン、止めて下さい。

ウクライナと同様、他の避難民もどんどん受け入れろ、って? (-_-;)

 

こちらも被害を受けているんですよ。

そんなに安易に寛大に世界中の人を入れてどうするの!?

中国残留孤児の2世3世は、今ヤクザと張り合っている「ドラゴン」だ。

その失敗があるから、「郷に入れば郷に従う」がわかっていない民を

入れるのは嫌なんですよ。

 

困った人を助けなくちゃ、

気の毒だ、かわいそうだ、

彼らはそう言いたいのでしょうが、

「かわいそう」で政治をやるな!!

日本人目線で政治をしてください。

 

世界は、ロシアや中国のような常識のない国だらけ。

油断していると、日本は美味しいエサになりそうです。