キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

若者には「ありがたい(めったにない)」を知って欲しい

今朝、うちのメダカ12匹のうち

3匹がお腹に卵を付けて泳いでいました。

その卵を見つけた途端、

(他のメダカに食べられないように移し替えなきゃ!

 早くその卵、水草に付けないかな?回収してあげるのに)と。

 

水槽をじっと見つめること〇〇分。

 

この時期の魚の飼育は楽しいです。

水槽を見ていると何十分経っても全く飽きません。

癒しになります。

メダカ飼育はおススメです。

 

昨年は100匹ほど孵化させましたが・・・今年はどうしようかな。

 

f:id:minakosayu2019:20220412151318p:plain

 

今朝、保育園の子供達がカートに乗ってお散歩している所に遭遇しました。

このカートに遇うたびに(なんてかわいいんだろう)といつも思います。

 

ところが、やはり、同様の思いをする人はいるようで。(-_-;)

今日のカートにはデカデカと

「撮影禁止!」の貼り紙がありました。

 

やっぱりねぇ・・・。

あんなにかわいい燕の巣状態を見たら、写真も撮りたくなるんでしょうね。

 

某役所のロビーでも、

通り抜けるお散歩中のカートに出会うことがあります。

あの子たちは警備員さんやお客さんにも挨拶をしてくれます。

あのまま育ってくれればと思うのですが、

なぜか子供って、小学校に入って1,2年たつと言葉が悪くなりますね。

なぜなんですかね?(-_-;)

 

f:id:minakosayu2019:20220412151050j:plain

(うちのフリージアも満開)

 

そういうメダカや子供達をみると「めばえ」という言葉がふっと浮かび、

(今、めばえという月刊誌はあるんだろうか?)と思い、

つい検索してしまいました。

 

小学館さん、失礼しました。

ちゃんとありました、「めばえ」。(-_-;)

 

今日のように快晴の日には洗濯物も自然に乾くし、

ゴミを出せば回収の方々にゴミを持っていただけるし。

 

こうしたちっちゃなことで幸せを感じる日々を

当たり前と感じるか?

ありがたいと感じるか?

 

私が好きなマルハニチロのCMがあります。

 

「今日も明日もあさっても、

 大好きな味がそこにある。

 普通と思うか?、ちょっと奇跡と思うか?

 

 好きなものを好きな時に食べられる普通。

 その普通は結構奇跡なのかもしれません。 

 

 いつもの味をいつでも届けるために、世界の海と食卓をつなぐ・・・」

 

www.maruha-nichiro.co.jp

 

そう。

こんなの当たり前、普通、と思っているとバチが当たります。

普通に食べられるということは普通ではないことだと思った方が

幸せでいられますよ。

 

 

最近のテレビの街頭インタビューで

ウクライナとロシアの戦争で

小麦粉や油、イクラやウニ、コンビニ弁当の容器など値上がりラッシュが

続きますが・・・」

などの問いに対して、一般人が

「うわぁ~、それは困ります!」と連発していらっしゃるのだが、

 

あーたはパン屋か!?弁当屋か!?

 

といつも思うのですよ。

 

うちでは小麦粉を買うのは何か月に一度??

イクラやウニを買うのは正月だけ。

コンビニ弁当は米がマズいので買わない。

揚げ物はしないので、油の高騰もどうでもいい。

 

などなど、業者ならまだしも

一般家庭では避けられる話ばかりなのではないでしょうか。

 

また、今朝の番組でも

 

「東京都が3回目のコロナワクチン接種を若者に呼びかけるために・・・」

として、いくつかの特典を用意しましたが、

それに対しての若者の反応は

「自分のトクにはならない(笑)」

「この程度の特典?しょぼい!(笑)」

 

などと報じていました。

 

若者に限らず、主婦の皆さんも

「トクか損か」がすべてのようにみえます。

「今の生活が当たり前」の意識が過ぎるんじゃないでしょうか。

 

3.11以降、

また、ウクライナとロシア以降、

日本人の「平和が当たり前」と思っている人種が気に触ってしょうがありません。

 

あたりまえじゃないんですよ。

給湯器のない時代、私は朝

母が沸かしてくれたお湯で顔を洗っていました。

夕方の停電なんてのも度々ありました。

そういう経験がない人たちには、

「ありがたい」という認識が無いのでしょうね。

 

不自由さを教える教育もあるべきだと思います。

ありがたみというものを思い知れ!

 

メダカに癒されながら・・・、つくづくそう思います。