キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

再利用!、再利用!?

本棚を整理していたら、こんなものが出て来ました。

「藍黛芙」中国国家標準GB/T32・・・と書かれたブルーのマスク。(-_-;)

そ、中国のものです。

今だったら、こんなの絶対に買わないのに。

2020年、薬局の店頭からマスクが消えた時期には

こんなものでも買っていたんですよねぇ。(-_-;)

 

あの頃のことを忘れてはいけません。

アベノマスクというのは、

「洗って再利用出来る」つまりエコの観点から綿で作られたのです。

 

ウイルスには不織布が良い、綿は適していない、などという研究結果が

出たのはずっと後のこと。

ただ、あれはマスクの面積が小さかったんですよね。

だから、バカにされた。

規格を考えたヤツが悪い!!

責任者出て来い!

 

話が逸れています。(-_-;)

まぁそんなこんなことを思い出しながら、

ブルーのマスクを眺めたのですが、

やはり私はこのマスクはしたくないです。

贅沢を言うようですが、青色だし中国製だし気持ち悪いもの。

 

それから、このマスクで気になったのが

パッケージに書いてある「使用期限3年」の表示。

マスクって使用期限があるんですか?

劣化するんですか?どこが劣化するの??

初めて知りました。

ですが、製造日の記載がないので、何日を基準に3年とするのか?

でも多分、そろそろ3年になるのでは?

やっぱり、使わんとこ。

 

 

マスクと言えば、こういう類のものもずっと気になっています。

例えば、東京マラソン東京五輪で支給されたマスク。

 

 

はっきりとロゴが入っているので、

そのイベントが終了後、それ以外の日常では・・・使いにくい。

それはマスクに限らず、支給されたウェア類でも同様です。

 

小っちゃく書いてくれていれば普段でも使えるのに。

勿体ないじゃないか、と思うのですが。

 

他の方は、イベント終了後は使用せず

記念にとっておくんですかね?

私がケチなのかな???(-_-;)

 

ですが、

デパートで化粧品や洋服を購入した際に商品を入れてくれる紙袋も。

よほどの高級品!でない限りは、もう使わない、使えない。

あれも、ブランド名が小さくてセンスさえ良ければ使いまわすのに。

特に、

ユニクロで10円の紙袋を買う時の悔しさったら!(-_-;)

 

ま、こんな庶民の話、

東京五輪汚職で逮捕されている高橋某にはわからんだろうなー。

と思いながら。

 

で。

さて、中国製マスク、何に使おうか??