キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

「1億円の東京の家」、どう思う?

「ヤクルト・村上選手に

上限1億円の家をプレゼント!」

 

というニュースを聞いて、どう思われましたか?

これはスポンサー契約を結んだオープンハウスが、

ある条件を満たせばこの家をプレゼントするというもの。

 

私は、これを聞いた瞬間に

「しょぼい!」と思いました。

 

1億というのは、少しハイクラスのお宅ならふつーに買っているレベルです。

しかも、神宮球場に近い物件を考えると(渋谷、新宿、港区あたり?)、

土地の値段が高いので当然敷地面積は狭くなる。

 

その証拠に、どこかのテレビで参考物件として内覧していたものは

60㎡程度のマンションでした。

その広さって・・・

うちが住んでいた社宅(58㎡)よりほんの少し広い程度です。

 

しかも、あれだけホームランを打っているのに1億は失礼だよね、と

思ってしまいました。

 

すると、そんな反響が大きかったので、オープンハウスは

プレゼントのパワーアップを検討しているのだとか。

 

アメリカだったら(ジャッジならば)、もっと高額の商品が・・・と思うと、

村上選手もその1億円ハウスには住まず、

アメリカに行っちゃうかもね。(-_-;)

 

ちなみに。

これは都内某所の駐車場の利用料金。

15分で400円です。

 

 

ですが、これなんかはまだマシな方。

都内には10分で600円という場所もあります。

 

タクシーに乗るのとどっちがおトク!?!?(-_-;)

 

ということで、東京の土地代は高い!

一方で、これが値下がりするようだと日本の経済も真っ暗だな、

という気も致します。

 

 

 

しっかし、海外の立場からすれば

円安で日本の不動産は値下がりしているんですよね。

それに乗じて、やっぱり出てくる中国人!

 

nikkan-spa.jp

 

中国人からみると今の日本の不動産はバーゲンセール、なんですって。

しかもこの記事には、こんな指摘も。

 

「カナダやオーストラリアの場合、非居住者だと不動産取得税が2~3割高くなるのですが、日本の場合は外国人や非居住者だからといって税制面で不利になることはない。

 また、外国人でも日本で法人を設立でき、銀行からの借り入れを受けることができることもポイントです

安定した賃料収入が見込めるオーナーチェンジ物件であれば、購入物件を担保にすれば、設立されたばかりの法人でも物件購入額の50%程度ならローンを組むことができるのです」

 

要するに、外国人も日本人と同等の扱いで不動産が取得出来るということです。

 

土地という国の宝にこんな平等が必要ですか??

 

ハウステンボスも香港に買われたし。

 小田急ハイアットリージェンシーもどうなることか??

 

国会議員は

統一教会がーー、国葬がーーー、西村大臣の取り扱いマニュアルがーー、

などと言っていないで

もっとやることがあるでしょ!?

ちっちぇえな。

 

本当の敵は国内ではなく、外にいることに気付くべきだと思います。

(※でも野党の皆さんは実は政権なんて取りたくないんでしょ?

  政治家でメシが喰えればいいんですよね。うんうん、わかるわかる。)

 

でも今、

外国人からみれば、1億の家なんて目〇〇、鼻〇〇ですよ。(-_-;)