キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

明日、あんな人たちは寝ていて欲しい

約1週間、ここ(ブログ)を完全に留守にしておりました。

久々に入って何かを書こうと思うと、少々緊張します。(笑)

 

さて。

昨日朝のフジ「日曜報道 THE PRIME」を観ての感想から。

ゲストの小野寺五典橋下徹岡田克也、というメンメンで

「安倍元総理の国葬」について論議しておりましたが、

岡田克也のあまりにもいい加減な弁に呆れ果てました。

 

岡田曰く、

国葬ではなく『内閣葬』なら我々は反対しない。

 それなら全額国費でやっても良い」

と言ったのですが、立憲民主からのそんな提案?今迄一度も

聞いたことはありません。皆無です。

 

また岡田は

国葬に立憲民主の議員が参列しても批判はしない。それは自由だ」

とも発言しましたが、つい先日、

 

立憲民主議員、国葬出席の同僚らを相次ぎ非難

という記事がありましたよ。

 

立民議員、国葬出席の同僚らを相次ぎ非難…他党からは「弔意の自由へ圧力」「見苦しい」(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

 

立憲・野田氏、国葬へ出席意向で党内に波紋 「党がバラバラだと…」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

 

岡田の部下は言いたい放題をやっています。

多様性だのと口では言うくせに、個人の意思は尊重しない立憲民主。

どこが多様性なんでしょ?

 

それと。

岡田のように、テレビ出演するとその番組の傾向に合わせて

調子の良いことを口にする野党議員の多いこと!

よくもまぁ、口から出まかせをペラペラ喋れるもんです。

ずるい!のひとことです。

 

 

その安倍元総理の国葬議も明日となりました。

「やっと来たか」という感じです。

もっと早くやっておけばよかったのにねぇ。

 

これは先日のデモのチラシのようですが、

右下部分をみれば、どなたでも

国葬とは関係ないメッセージ」と

「怪しい主催者・呼びかけ人」に違和感を持たれるはずです。

 

 

 

 

今朝は「自民党山梨県連の事務所に可燃物が投げ込まれる」

というニュースがありましたが、国葬反対派の仕業でしょう。

あれだけ

国葬の警備にもお金がかかる!」なんて怒っているくせに

自分達はこんなことをしでかす。

あんた達がいなければ警備費はこんなにかからないよ、と私は言いたい。

 

やることが子供!。(なのに年寄りばかり)

わたしゃ、あの反対デモをやっている連中に

 

「ロシアのデモと、あんた達がやっているデモの重みの違いを考えろ!」

「ロシアなら、そのまま逮捕されて戦場行きだぞ!」

 

といつも思って見ています。

でも、年寄りばかりだから戦力にはならんとは思うけどね。

 

しっかし、人への迷惑も顧みず大声をあげてデモをしても捕まりもしないなんて、

日本はなんて平和な国なんでしょう♬

 

で、明日午後は各局特番を組んで国葬を報じるようです。

 

思い出すのは、昭和天皇大喪の礼の時のこと。

ある局のキャスターは、

武蔵野御陵に向かう葬列の様子を映しながら、

「これは憲法主権在民政教分離の原則に反するのでははないでしょうか」

と疑問(憤懣?)をぶつけておりました。

明日もそんな調子の局も出てくることでありましょう。

 

嫌なら、文句があるなら、報じなければいいじゃないか!

と思うんですけどね。

 

とにかく、無事に静かに明日という日を見守りたい。

日本の恥になるようなことをする連中が出て来ないことを祈ります。