キッチンの片隅から

主婦のひとりごと日記です

元気ってのは、そんなに単純じゃない!

「元気があれば なんでも出来る!」

 

と言っていた元プロレスラー・元国会議員のアントニオ猪木さんが

死去されました。

しかしね、私は言いたい。

「元気があれば」ではない!

「健康であれば!」です。

健康でなければ元気は出ないのです。

 

それと。

日本人には死者を冒涜するのは失礼だとするDNAがあり、

私もそれは最もなことだと思っていますが、

 

安倍元総理の死に関してはあれほど

「安倍の功罪を検証する!」などと暴こうとしていたのに

元国会議員のアントニオさんには大絶賛の嵐。

アントニオ猪木こそ国葬にすべき」というコメントまで出る始末。(-_-;)

 

猪木さん死去 ネットで国葬求める声「この人こそふさわしい」江川達也氏「外交での活躍あった」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

は??なんで!?

 

彼は北朝鮮にあれほど何度も里帰りしていたのに

国会議員としてその成果は何も残していませんよね。

拉致被害者についてもなんの成果もなし。

何をしに北朝鮮に帰っていたのか?

 

テレビは彼の生き方を大絶賛していますが、私は以前からずっと

失礼ながら「もしかして ス〇〇?」と疑ってもいました。

 

政治家としてのアントニオ猪木さんには

特段褒めたたえることはないと思います。キッパリ。

やるなら「プロレス葬」でお願い致します。

(冒涜はしておりません。半分讃えております)

 

 

しかし、最近亡くなる有名人が多いですね。

潮の満ち引きと関係あるのかどうか??

 

それでも。

自分よりもうんと年上の方が亡くなった時には

「もうお年だったから」とも思うのですが、

自分に年齢が近い方だとすごく自分事のように感じてしまいます。

例えば、安倍元総理のような年齢の方。(没年67歳)。

 

昨日、新宿西口の小田急百貨店の建物が、再開発の為に閉店しました。

生まれ変わるのは7年後、とか。

 

また、渋谷駅付近の再開発に至っては、

サグラダファミリアのようにいつ完成するのか

さっぱりわかりません。(-_-;)

 

私はそれらの完成後にも生きているだろうか???

と不安になるのは、

この2か月間に体重が2キロ強減少したことへの不安が起因しています。

 

毎朝、体重計に乗るのが怖い(減っていると怖い)。

 

「早く病院に行って調べてもらった方がいいよ」とも言われるのですが、

何科に行けばいいのか?

だって元気だよ。

どこも痛くも痒くもないんだよ。

 

でも、不安。

何かの病気ではないだろうか?(-_-;)

 

やはり、心も身体も健康でなければ、

元気もやる気も出ないのですよ。

 

私は

「元気はあるが、健康への不安はあってやる気は出ない」。

 

こういう場合、どうすればいいんですかね?アントニオさん。